メニューを開く

リノベーションのメリットについて

「リノベーション」と「リフォーム」の違いは?

リノベーションやリフォームを考えているけれど、2つの違いがはっきり分からなくてお困りの方は意外と多いのではないでしょうか。本記事ではそれぞれが表す意味合いの違いを確認した後に、リノベーションの持つメリットについて明らかにしていきたいと思います。

リノベーションとは

大規模な工事によって、既存の建物の価値を向上させるのがリノベーション。一から立て直さずとも中古住宅を新築同様の状態へと向上させたりその価値を高めることが出来るので、非常に人気が高いです。具体的な内容としては、住居のデザイン性の向上や現代の生活に沿った間取りや内外装への変更等が含まれます。一例を挙げるのであれば、同居人数の増加によって住居を広げたい場合に屋内の壁を取り去ることはリノベーションです。

リフォームとは

現状に手を加えることで新たな性能や価値を生み出すリノベーションに対し、゛マイナスからゼロ状態へ機能を回復させる”という意味合いがあるのがリフォームです。基本的には古かったり、壊れていたり、汚れていたりするもの等(=悪いもの)を対象としており、具体例として外装の塗り直しや壁紙の張替え等が挙げられます。

リノベーションのメリット

活かせるものについてはそのまま活用し続けるのがコンセプトのリノベーション。無駄な廃材を減少させることが出来る点で、リフォームに比べてエコな工事内容と言えるでしょう。地球にやさしい方法で建物を再活用したい方は是非ご検討ください。

 

神奈川県横浜市の縁建設は、お客様の暮らしやすさを叶えるための幅広いサポートを行っております。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから→https://www.yukarikensetu.com/contact/