メニューを開く

知ってると得!おそうじ豆知識~メラミンスポンジの使えないところ~

100円ショップやホームセンターなどで手に入るメラミンスポンジ。

もはやお掃除グッズの殿堂入りを果たしているといっても過言ではありません。


商品名は、

「激落ちくん」(販売元:(株)レック)とか、
「落ち落ちVキング」(販売元:」ダイソー((株)大創産業)とか

いろいろあります。

これらの名前を聞くと、ピンとくる方もおられるかもしれません。


このメラミンスポンジの大きな魅力は、
洗剤がいらないところです。

そして、水アカ(アルカリ汚れ)も、油汚れ(酸性汚れ)も
これひとつで落とすことができるのも
人気の秘訣なのでしょう。


名前に負けないその実力。
万能なイメージを持つのは、
決して私だけではないはず。

パッケージのキャラクターのお顔をみても
太い眉になんだか頼もしさを感じたりもして。


「今年の大掃除は、メラミンスポンジがあればOK!」


となるのは、ちょっと待ってください。
今月のコラム、ここが一番言いたいところです。

非常に有能なメラミンスポンジですが、
使用に向かない場所もあるのです。

なぜなら、その成分が研磨剤と同じようなものだから。

洗剤のように海面活性させて汚れを落とすのではなく、
研磨させる仕組みに近いのがメラミンスポンジの仕組みとなっているからです。


研磨が向かないところは、耐久性を損なうおそれがありますから
以下のような場所での使用は控えておきましょう。
(※浴槽専用など特化したメラミンスポンジはこの限りではありません。)


・浴槽    (とくにFRP樹脂加工されているもの)
・洗面台   (鏡も含む)
・フローリング  (ワックスがはがれるおそれ)

あと、住まいの掃除とは別ですが、車のボディーも要注意です。


住まい全般に関して、お問い合わせを承っております。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから