メニューを開く

リフォームとリノベーションの違いって?

長く住宅に住み続けるために、リフォームやリノベーションを選択する方が増えています。今住んでいるお家やお部屋の施工以外にも、中古で購入したマンションや住宅を最新の技術で住みやすい空間に創りかえるという需要も増えています。

 

当社でもご住宅や店舗のリフォーム・リノベーションのご依頼をお受けしております。同じような単語ですが、この二つに違いはあるのでしょうか?

 

リフォームとは英語の「reform」から派生した和製英語で、良くない状態のヒト・モノ・制度などを改めるという意味が転じて『老朽化した建物や設備を新しい状態に戻すこと』という行為を指すようになりました。

一方リノベーションは英語で刷新・革新という意味を持つ「renovation」がそのまま使われており、建物全体を大規模な改修で新しくし、修繕や原状回復だけでなくより新しい、より良い空間に創りかえるというニュアンスが込められています。

 

物凄く簡単にまとめてしまうと、DIYやちょっとした修理はリフォーム、大掛かりな改修工事はリノベーションというように言えるでしょうか。ちょっと極端な例えですが、リフォーム、リノベーションという言葉が気になった時に思い出してみてくださいね!

 

お問い合わせはこちらから