メニューを開く

エコを考えたリノベーションとは

 

エコを考えたリノベーションには、自然素材を選んで使用することと、使用する設備は省エネ性能の高いものを使用することの2点に尽きます。

自然素材には、天然無垢材を使用した床や、珪藻土や漆喰を使用した壁などがあります。

使用する設備は、省エネに繋がるように窓を二重サッシにしたり、複層ガラスにし断熱性を高めることで可能となったり、断熱材を壁や床下などに入れる方法もあります。

 

 

また、オール電化へリフォームし、さらにはエコキュートや太陽光発電なども導入することで光熱費の節約や環境にも優しいリノベーションとなります。

このようなエコを考えたリノベーションを行うことで、光熱費を大幅に節約することができたり、何よりも暑さや寒さを感じにくい空間となることから快適性が高まります。

 

 

さらには、建物の温度や湿度の調整ができるようになるため、建物自体の耐久性が高まることから修繕工事などの頻度も少なくなります。住んでいる人は、シックハウス対策にも繋がるのでいいことづくめとなるので、エコを考えたリノベーションはとても大切です。

エコを考えたリノベーションは、ただリノベーションをするよりも大きなメリットを得ることができるので、これからリノベーションを検討している場合はエコも意識するようにしましょう。

 

 

神奈川県横浜市の株式会社縁建設は改装・内装リフォーム、外壁塗装・外装施工、水回り・その他住宅施工などを行っております。気になることは何でもお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから